Connected Photovoltaics 4.0

大幅に強化された生産性と、工程の100%明瞭性: ISRA のクラウドベースソリューションは、全測定プロセスの中央管理と監視により、全生産ラインからコネクテッドデータ解析を実現します。

全てのラインで同一のレシピ構成を維持し、局部的ではなく、集中的に品質基準を管理するため、弊社のConnected Photovoltaics 4.0コンセプトでは生産環境内にある全てのISRA検査システムを接続します。より多くの情報、より優れた見識と信頼性が提供されます。

このコンセプトは次に挙げるソフトウェアモジュールをベースとしてます。


システムの集中管理

Central Recipe Toolモジュールは、レシピの測定値の集中管理と全検査システムへのロールアウトを実現します。


ライブデータの可視化

集中レシピ管理により全システムが同じレシピで動作していることが確実化される一方、YieldViewerモジュールはライン間の現時点における品質分布と歩留まりのオンライン直接比較を実現します。


Batch Analytics

A detailed root cause analysis is a prerequisite for successful and permanent process optimization. ISRA’s Batch Analytics tool provides valuable support in this regard: It allows measurement values or defect information to be assigned to the specific position of the affected cells in the previous process steps and visualizes them. Spatial error distributions in relation to the tray or boat coordinates can then be detected in coating processes, for example.


データ解析

より重要なデータ解析とフィルタリングを支援するため、EPROMIは各種検査・生産システムからのデータを組み合わせ、解析し、インテリジェントに結びつけます。


オフラインレシピ調整

オフラインレシピマネージャーは、Connected Photovoltaics 4.0 とシームレスに統合され、サーバーに保存されたレシピの活用を実現します。オフラインで変更されたレシピは、個別のシステム内で、インラインで試験し、全てのシステムに中央からロールアウトできます。


メンテナンス計画

近日公開予定バージョン (またはシステム)、Connected PV 4.0 には、インライン較正管理、整備計画作成、較正記録用のモジュールが含まれ、それによりシステムの集中監視が可能となり、完全な運転が保証されます。