FPM-Edge

高精度のエッジ検査と恒久的なプロセス最適化

FPM Edgeは、複数の照明チャンネルと高解像度カメラを使用して、薄いガラス基板のエッジを検査します。センサーシステムは、市場で入手可能な最高の画像品質でエッジをスキャンします。チップ、亀裂、光沢、焼け跡、非対称性などのすべての典型的なエッジ欠陥を明確かつ確実に分類し、信頼性の高い品質グレーディングを保証し、顧客が完璧な材料のみを受け取るようにします。

FPM Edgeは、ガラスエッジの180°の視野により、研削のずれも検出し、研削プロセスの改善に重要なデータを提供します。

追加製品 FPM-Inspect および FPM-Review は、欠陥検査のための表面検査と自動顕微鏡を備えた検査ラインを完成させます。

製品詳細情報

  • 180°ガラスエッジビューによる検出および分類パフォーマンスの向上
  • エッジ欠陥および研削プロセスの偏差を検出する、市場で唯一のシステム
  • 表面およびエッジ検査用の完全な製品範囲、およびレビューステーション
  • 薄いガラス基板の非常に短い検査ライン