FPM-Review

選択した欠陥の顕微鏡分析

最小の欠陥でも信頼できる品質グレーディングを確保するために、FPM-Reviewは自動顕微鏡を使用してFPM-Inspectによって検出された欠陥をより詳細に分析します。高解像度顕微鏡画像に基づいて、欠陥分類が再チェックされ、欠陥のサイズが正確に測定され、ガラス内の位置が決定されます。収集された正確な情報により、信頼性のあるグレーディングが保証され、どのシートがさらに処理または配信するための仕様を満たします。 

最高の画像解像度での広い視野により、 FPM-Review は、複数のステーション間を移動した後でも、すべての欠陥を確実に特定して画像化します。

システムは、ガラスの傾きや反りの影響を受けない特別に設計された距離センサーを使用して、ガラス内の欠陥の正確な深さを測定します。オプションのデュアルヘッド構成により、システムは短いサイクルタイムでより多くの欠陥をレビューできます。

追加製品 FPM-Inspect および FPM-Edge は、表面検査およびエッジ検査システムで検査ラインを完成させます。

製品詳細情報

  • 表面およびエッジ検査用の完全な製品範囲、およびレビューステーション
  • 薄いガラス基板の非常に短い検査ライン
  • 表面およびガラスの欠陥とスクラッチ用の多機能センサー
  • 独自の距離センサー設計:ガラスの反りや傾きに敏感ではありません