総合的品質管理システム

優れた歩留まりと顧客の苦情減少: 表面検査と品質評価は、生産ライン全体の管理に重要な情報を提供します。関連情報を全て統合して信頼性の高いデータベースを作成するほか、総合QMSは制御・管理システムの相互通信を活用します。


データ統合

表面検査結果は、ラボの結果、オンライン測定値、手動で収集されたデータ等の要素と共に、重要な役割を果たします。そのため、その他のデータ処理システムとの高性能インターフェイスや手動で収集されたデータへの対応が不可欠です。


インテリジェント接続

弊社のQMSは、計画システム (APS)、発注システム、生産実施システム (MES) など、他のシステムとの相互通信を構築するインターフェイスを提供します。これにより、生産計画システムから品質の制限を算出し、その後実施システムユニットに命令を送信することが可能となります。従来は孤立していた各システムが結合されて総合ソリューションとなりました。


可視化

弊社の報告モジュールは、個別工程段階やライン、工場全体により生成されたデータへの迅速かつ容易なアクセスを提供します。本モジュールは、各種生産パラメーターがどのように品質と歩留まりに影響を及ぼすかを示しますので、ユーザーは、工程の高い明瞭性を得て、継続可能な価値創出を実現することが出来ます。


品質管理サークル

顧客の発注から始まり、品質の制限値が決定され、生産中に監視され、パラメーターが満たされない場合、警告・警報を発します。生産終了後、最終製品品質が評価されます。全体の分析により品質制限値設定に役立つ見識が提供されます。