ISRAのマシンビジョン:

INDUSTRIE 4.0対応

ISRA VISIONのシステムは、新登場のIndustrie 4.0環境での使用に対応するITアーキテクチャに基づいて設計されています。

ISRAのロボットビジョンシステム、インライン測定・検査テクノロジーは、統合されたコンピューティング機能、WLAN、将来を見据えた通信プロトコルのOPC/UAを備え、ネットワーク化された生産条件下での使用に対応しています。

搭載されたプロセッサとメモリ (搭載されたハードウェア) により、短時間スキャン、短時間データ処理、センサー設定のカスタマイズ (構成設定や調整) の時短が実現されます。

 

新規の工程手順、プログラム、更新を必要に応じてインストール可能です。

ISRAのモジュール式ハードウェアプラットフォームでは、技術装置のスケールを手軽に変更して特定の作業に適合させることができます。オープンなモジュール式のアーキテクチャのレイヤーとプラットフォームにより、光学式センサーと従来型のオートメーション技術が、最先端の通信技術が一体化されています。高解像度カメラモジュールと高速スイッチングLED照明は、WLAN経由で各コンポーネントを個別に制御可能なかたちでワイヤレステクノロジーにより接続されています。

検査とロボットビジョンからの処理後の画像とセンサーのデータは、人工知能、データマイニング、イベント解析を含めたサービスの基礎を構成します。具体的には、生産コンポーネントの状態監視、センサーや製品の予知メンテナンス、予測メンテナンスなどの情報ベースのサービスは、生産規模で実施可能です。さらに、用意されている各種マシンビジョン学習サービスをシステムに統合することができます。ISRAのプログラミング用ユーザーインターフェイスガイドにより、直感的なシステム操作が確実化されています。

ISRAは、包括的な技術ソリューションを活用してマシンビジョンシステムのIndustrie 4.0対応を実現し、デジタルのネットワーク生産によりもたらされるイメージ処理の機会に備えています。